R=リターンズ 2013年2月半ばにもどりました。
亀梨和也に完堕ち数年。KAT-TUNを絶賛応援中。
短くて小さくてピンクなものに敏感。愛してます。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 「YOUたち」 新番組!! 10月8日スタート?? | main | 緋牡丹博徒な情婦??? >>
サプリ10話  完全に亀ちんの独壇場
サプリ10話です。残すところ、あと一話。

亀ちん、厳しい状況下、最後までプロとして、亀ちんとして
クォリティを保って、ステキな勇也をみせてくれた。
勇也を演じるのが楽しそうに見えたし、
シタタカにちゃんとヲタが悦ぶ亀ちんをやってみせてくれた。
だから、アタシは、スッゴク満足♪


サプリ10話

なんか、アレ??
冒頭のミナミんちに招待される勇也。
こーゆー展開???アレレ。9話ってどんな話だったんだっけ???
すーーーっかり忘れてるよ、おいおい(笑)
あ、そうだ。家にいってもいい、って8話でお許しが出てたんだっけ(笑)
もー、9話、濡れ濡れの亀ちんしかよー覚えてないし、
おまけに後は、予告のするめイカみたいな亀ちんのスーツ姿と
美人女優な涙。コレしか結果印象にないです・・・(汗)

ミナミんち
何を想像しましたか??「そこが、ベッド」
ベッドです、間違ってないですッ
ちゃんとアイドルして、いやらしくなく、
ニヤついた亀ちんに拍手(笑)
でも、ちょと無理にキャワイク
萌えてるのよねん(笑)
もちょっとヤラシク萌えても
アタシはよかったけど(笑)

しかし、亀ちん自身だったら、ベッド発見して、
どんなよーすを妄想するんでしょーかー♪
興味あるわ、ヒジョーに☆

ってことを妄想したら、やばかった(爆)


働く亀ちん萌え〜せっせと働く姿萌えた。
特にドアノブの修理する勇也。
頭にタオル巻く亀ちん、すごくいい〜
肉体労働な亀チン、好きだーー。
「たったひとつの恋」、
そのポイントで
すでに萌えてる(爆)



その後の、
「出来ましたよッ」って部屋の中にかけこむ勇也。
ペロン、ペロンって走り方がかわいすぎです。

キッチンの下の水漏れまで直せる勇也。
キッチンの下に頭つっこむミナミ。
あなた、若いコの前で、そんなオチリのカッコウ
”カマーン♪”じゃないのよぉ!
何しようとしましたか?亀ちん、じゃない、
勇也ったら、どーするつもり
だったんだろ(笑)

お尻を、こう・・・
ガスッっと掴みそーだった〜(笑)
さわるとこ、ちょと見たかったナ(爆)

でも、十分エッチな目つきしてるか〜(笑)



舌なめずりしてますね「ひとつの部屋に〜
男と女がいたら〜、
することといったら・・・」
って、ペロって舌舐めずりな
亀ちんのきゃわいい舌〜♪

ミナミの腕とろうとする、
下唇噛んだスマイル、
またまた、若造エッチでよい♪



合気道で投げ飛ばされて、画面ではカレンダーが映ってるシーン。
亀ちんのカサカサした声の
「いたーーい、イタイ・・・・」
イロイロな妄想しちゃっていいですか(笑)

あ、結局かなり萌えてますってことは、
このシーンはヲタサービスシーンだったんでスネ☆

でもねー
ミナミが、「家にきていいよ」って言ったんだよね?たしか8話で。
だから、こーゆー意味じゃないはず、だヨネ〜。
この状況は「申し訳ないけど、お願いだから、うちに来て」な状況。
ここら辺のいい加減さ、ものすごく嫌!雑!
だからミナミが非常にヤな女にみえちゃう。
って、もうここに来て、文句言う気もうせているけどねん。

       私信:haniwaサン、亀チンに衛星とHDDレコーダの配線
          やってもらうところモーソーしたでしょ(笑)


しかし、その後でオフィスに二人で行ってるよね〜??
つことは、勇也はお仕事前に
ヤッちゃおう、としてたつことかッ(笑)
それもまたどーだろか。
盛り上がっちゃって、お仕事わすれちゃわないかしらん♪

勇也一次試験合格
二人でイエイッ!ハイタッチ。
アレ????なんか、ものすごく今までのこのドラマのニュアンスと
全然違うシーンになっちゃってませんか???

って。アレレ!!!!
オープニングKAT-TUNな曲がいつもより、前のフレーズからじゃん! 
このときばかりは、亀ちんとミナミのセリフがちょっと邪魔・・・
ヲタ友さんがメールで
「今日のちがーーーう!最初のトコ、じゅんの????」
「えーーー。仁か亀ちんじゃないのぉーー」と返してからリピしてみて、
そのとーり!ヲタ友ちゃんの言うとおりだーー☆

♪孤独をこえて・・・うえぼ?
♪やっと出会えた・・・じゅんの?
♪心をほどいて・・・赤西くん?

最後の歌詞も
♪ふーたつの瞳に〜
っていつもと違うーーー
最終回、フルコーラスきかせてくれないだろか・・・。
でも、15分延長もないしなぁ。希望薄かなぁ〜。


原口あきまさ(役名なんだっけ)と、渡辺のシーン。
なんかさぁ。これも、複線は無くはないけど、とってつけてない????
渡辺をかたづけた、イッチョ上がり、っつ感じで、なんか乱暴なんだけどぉ・・・。

田中のキャラ
田中のキャラも、いつも間にか、こーゆー変キャラに。最初と全然違う・・・。
でも、指導員ぽいのは田中だ(笑)
ミナミはいつもいっぱいいっぱいなんだもん(笑)
一生懸命といっぱいいっぱいとは違うと思うんだけどネェ〜。

ミナミ、荻様、勇也でスーツを買いに来るシーン。
にあわねーーグレーは似あわない、全然!



なんか色っぽい顔しちゃいましたね試着室の亀ちんが荻様の話を聞きながらビックリするとこ。
奥ブタエのまぶたが、グリンってしてて、
いろっぽい目つきしちゃってるじゃん♪



荻様、やっとミナミに告白。

「決めナよ」
かわいいなぁ〜オフィスで深夜残業。
ミナミに「決めナよ」という、勇也の亀ちん。
せつなくも、男の子らすいステキなビジュアル♪

「俺ももーひけないから!」
ってとこの顔もすんごくいいんだよねーー♪
男の子っぷりがよくて、
しなかやかさのある勇也@亀ちん♪
でも、ちょい心細そうで強がってるところが
微妙なバランスで、サイコッ!

「もう彼とはなんでもないから」ってとこの
ほころんじゃう勇也もすごくいーー♪

こーやって考えてみると、
亀ちん、最後まで、ほんとーにステキな勇也を
たくさんみせてくれたなぁ〜♪



「やきもち??」
ってミナミ。はぁ・・・。
なんかこっちが理解してるミナミの勇也への気持ちと、
実際突発的にでてくるこーゆーセリフとの間のギャップが
どーも気持ち悪くてなーーーー。

今岡と勇也二人きりのベッドルーム
へんな顔〜(笑)一生懸命面接の練習する
手ぬぐいをネクタイに見立てた
甚平な亀ちん。
サービス、ありがと。



手ぬぐいとった後の甚平のあわせがっ
簡単に胸の中に、手を、シューーーって突っ込めるくらい

あまい♪


キレイな鎖骨♪
白くてスベスベってした肌♪

シューーーって。。
手をこう、差し入れて・・・
セクハラ妄想☆

「うーーッ!やめてクダサイっ!」
ってマジメに拒まれるか

「キャハーーー、やめてよ、クスグッタイヨ」
って、嬉しげによじられるか



って誰相手の妄想してるんだろ、アタシ(爆)

でも、たったこれだけの妄想を発端にして
妄想ストーリー考えちゃうのが
楽しいのヨネン♪

ムーーーーン


今ひとついい画像きりだせなかった・・・。


荻様と勇也、オフィス廊下のシーン
荻様のシーンは全てすてきな亀ちん♪「ぜったいどこにも行かせませんッ!」
なんか、カッチョよかったぞ、亀ちん!
もらったネクタイが勢いになって、
不調なミナミを目の前にして
「オレがミナミを支えてやる!」って
そんな勇也。

キリっとして、
すごいカッチョよかったぞ!
お顔の調子もすこぶるイイぞっ!



面接の勇也
やばい、勇也にシンクロしてドキドキしちゃったよ(笑)
自分の就職試験の面接思い出しちゃった。
それも、大手広告代理店〜、ぎゃはーー(笑)

板についてないイカなスーツ姿が新鮮〜。にあわなーーい♪
だいたい、お顔が、ビジネススーツ顔じゃないんだ(笑)
でも、みんな最初こんなんだったよねぇ。
亀ちんの、イカみたいなスーツ姿♪
ちょっとヘンチクリンだけど、新鮮ぷうみ〜♪
おまけに、首から肩にかけて、下におちてるから、イカみたいなの。
それも、干した・・・イカ。薄くてペラペラだから(笑)


”蚊目線!”

瞬間

”亀専”

って漢字が頭にヨギッて、自分の胸に手をあてたヒト!(笑)

この馴染まない感じが、フレーッシュ”となりのカレーの香りでご飯3倍食べれます!”
かわいい・・・。



今岡家
今岡のなっちゃんに対する想いを聞いて、自分とシンクロさせる勇也。

隊長!新たなホクロ発見デス!オッ!

こんなとこにも、ホクロちゃんがッ!
Tシャツ袖の隙間すら萌える(爆)
つか、
このシーンでそんなトコみてんなよ〜。



面接落ちた勇也
ピンクのTになった勇也をみて、ホッとしました(笑)
社会性を問われた勇也。
絶不調のミナミががんばってる姿を見て、
自分がミナミにとって、どういう存在であるべきか
自問自答をして、悶々とする勇也。

荻様と勇也
踏ん切りをつけるために、荻様呼び出す勇也。

このシーンの勇也、よかったなぁ〜。
・・・・
なんか真剣に気を入れて見ることができた貴重なシーン。

賭けにでる勇也
あーーー。
荻様に質問する亀ちん、

すごくすきだ〜☆

「広告の社会貢献」
つらつらとさすがの荻様。

勇也にシンクロして
泣きそうになっちゃったな、ココ。



イカ肩二人とも、肩がなで肩〜。
亀ちんなんか、バレリーナが
欲しがる肩のライン。
首から、三角に肩がおちてて
首が長くみえるの。
でも思いのほか肩幅が広く見えるのは
その卵肩のせい。
こないだTVで歌舞伎の坂東玉三郎が
「肩の外側に筋肉がつくのは男性特有だから
そうならないように女形は気をつける」て話をしてて
亀ちん、男の子なんだわーー、
と実感したこのTシャツ姿。

あ、すみません。全然サプリと関係梨〜。



勇也の涙。
こーやって、泣く、涙だったんだ・・・。
ヤバイねぇ・・・

ちゃんと泣いてるよぉ・・・

あーー、すんごい
目のふちがキラキラってした。


ググググって涙がせりあがってきて、




左目からポロ






ツーーーーーって
つたう涙









またブワーーーーって涙が。
ここで、ブワって自分もシタ・・・。


せつない。



ハッ!!!!
でも、たいがい、こーゆーシーンって
主演女優がやるシーンじゃないの???
完全にメインの魅せは勇也にシフトしてる。

あまりにキレイで、見惚れてしまって、

ボーーーーー・・・・。

リピしてみたら、
ヒクヒク動く鼻の下に萌えた(笑)



っでも会社やめることないんじゃないかネェ。
ミナミも勇也も、こういう状況で
乗り切ることが大事なんじゃないのネェ。

ってそれじゃドラマにならなイのカナァ。

子供みたいに素直で柔らかい勇也が、ポーンって大人な世界に入ってきて、
観念的に生活してる大人たちが、それぞれ関わりながら何かに気がついて、
勇也も子供から大人になっていく。
ってそんな物語だったんだとは思うんだけど、
一番、そういう変化が最後まで見えにくかったのが主人公ミナミじゃない?
荻様も勇也も、今岡も、何か失いながら、ヒトと接しながら
変化をしていったんだけど、

ミナミは、どこがかわったんだろーー。

勇也とも、なんか、今ひとつ。
なんだろう。
二人のドキドキするシーンって思い出しても、あまり、ないっつか。
あのブドウ畑のチューだって、亀ちんがチューするからドキドキしたけど、
でも、「えーー!二人はくっつくの、くっつかないのぉーー!」
つう、ドチドチ感なんて微塵もなかったし・・・。
先週の手をつなぐシーンだって、んーーーー、無理矢理萌えようとしたけど(笑)
今回の勇也がついにミナミの部屋へ、も、こんなもんだったし。
ずーーと二人の関係が、小さい波すぎて、
「ちっ、今日も波小さいぜ!」っつーーサーファーな気分〜。
案外、渡辺との寸止めチューが一番萌え萌えしてたりして♪


最終回。

今回の予告が一番ドキドキしなかったかも。
なんて

でも、最後ぐらい、大きな波で気持ちよく萌えさせてくでーーー。
スポンサーサイト
☆コメントレスです☆
いつもレスが亀です(汗)でも、コメント毎日楽しく読んでマス!

>makoさん
あーーーわかります!ラスト前にして、ドラマとしてやっと楽しめた感じ!

ほんと、亀ちん、宝物ですね・・・。


>Yukkyさん
最後まで魅力的な「勇也」でしたよねぇ〜。
亀ちんの中でちゃんと「勇也」ってコの感情の流れを
理解して演じてる感じ。
亀ちん、自分の仕事をちゃんと果たしましたね〜。
ゆっちが「任された仕事をちゃんとやり遂げるヒト」って
亀ちんの事をどっかで言ってたけど、ほんとそーですねぇ。
たいしたコです。ホント!

>hanaさん
10話、アタシも、なんか楽に観れました!
楽っていっていいのか、なんかイヂワル目線じゃなくて見れタッつか(笑)
亀ちんて、凛々しくても、アマアマでも、なんかちょーーとニュアンスが
あるんすよねぇ。
そんなにキレイじゃない顔立ちだってキレイに見えちゃうし、
到底凛々しい顔つきじゃないのに、凛々しく見えちゃったり、
なんか独特の何かがあるんだなぁ〜って。
あーーー、さらに嵌っていく亀沼へ・・・・。

DVDBOX 勇也編で編集し直したバージョン!ナイスデス!
ソレがとか入ってたらば、買うかも(笑)



皆様コメントありがとございました〜
“サプリ”10話、すっごく良かったですよね!
亀ちゃんってほんとすっごい演技力あると思う。表情豊かで。
甘い顔つきじゃないのもいいですよね。
もっと大人になったときさらにいい味を出してくれるんじゃないかなぁ。

“サプリ”のDVDBOX発売するときは第1話から“勇也目線”で編集しなおして発売してくれたらなぁなんて…。
hana | 2006/09/14 08:26
10話は勇也目線(単独主役)だったので(笑)
初めてドラマに入り込んで観ることができました!
一貫性梨で必ず?マークが付いてしまう脚本も
感情表現がヘタな主人公も全く気にならないほど
亀チャンの演技は素晴らしかった!!!
「良い作品にしたい」という亀チャンの熱意・一生懸命さが
伝わってきて・・・
マイナスをプラスに変えちゃう亀チャンって
ホントに凄いヒトだな〜って思います。。。
Yukky | 2006/09/14 08:23
“やきもち?” “やいてませんッ!”

あたちは妬きっぱなしでした…
何だか 最後から2番目にして ちゃんと見たって感じぃ

悔しい…

和は最高ですぅ あたちの宝物ですぅ
mako | 2006/09/14 01:32
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK
あぁ、またサプリのエントリしないで週末…亀ちん、きゃわゆいんだけど どーもストーリーを振り返る気力が沸かない…もうこれ以上 何かあるとは思えないし、最終回でミナミも勇也も ハッピーエンドになるのか…そんなに期待もできないし…ままま、でも やっぱり亀ち